食物アレルギーを持つ方は、お買い物の時必ず原材料を確認すると思います。

その時に注意したいのが、「卵」という字が含まれていないけど、卵から作られている原材料。

自分のためのメモとして、書き残しておこうと思います。
*は元の食品がいくつかあるので、卵から作られているかどうかの確認が必要です。
「○○由来」や「原材料の一部に○○が含まれます」の文言で確認できます。

 

*たんぱく加水分解物
肉や魚、大豆、小麦、卵など色々な食材から作られます。
卵由来のものを時々見かけるので、確認が必要です。

*焼成カルシウム
卵由来の場合、卵殻焼成カルシウムと同じものです。
魚の骨などから作られる場合もありますが、卵殻から作られているものが多い気がします。

*乳化剤/レシチン
卵・乳・大豆などから作られます。
卵由来のものはあまり見かけない気がしますが、念のため確認を。

*香料
これ、本当に何でできてるか文字から想像できないですよね!
ときどき卵由来のものがあるので、要確認です。

・リゾチーム
食品ではないですが、卵白から作られる抗炎症成分です。
薬や消毒スプレーなどに含まれる場合があり、要注意です。
卵白アレルギーの場合は、薬局で風邪薬やトローチを買う時も薬剤師さんに相談した方がいいです。

 

他にも気付いたものがあったら、随時書き足していきます。

mao-chai.cafeアイコン

ちなみに、mao-chai.cafe のアイコンに書かれている「Ohne Eier Bitte!」は
ドイツ語で「卵抜いてちょうだい!」という意味です。
このにゃんこのリクエストに従い、mao-chai.cafe は卵なしのお菓子を作るのです。笑